住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは

そこの住まいにゆとりがあるかどうかは、花を見れば分かる様な気がきます。

住まいの花は心のゆとり

住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは そこの住まいにゆとりがあるかどうかは、花を見れば分かる様な気がきます。花が無くても生活には全然困らないし、ハッキリ言うと無駄でもあります。しかし無駄である花を手入れしたり、飾ったりすることが「心の余裕」を表しているのです。私の家は全然裕福ではありませんが、家の中や玄関、花壇や庭などには沢山花があります。母が花が好きだからやっているのですが、私はお金がかかるしそれほど乗り気ではありません。

でも「別に花がなくても困らないし、花代を違うことに使えばいいのに」と思っている私でさえ、咲いているのを見ると華やかな気持ちになっている気がします。これが心のゆとりに繋がるのです。花を育てるのを辞めたら、お金も時間も節約になって「無駄のない生活」になるかもしれません。でも心には時に無駄があったほうが、生き生きと暮らせる場合もあります。冬になると、父が部屋の中で蘭系統の花を育てています。最初は全然咲かなかったのに最近コツをつかんだようで、花屋のように立派に咲くようになりました。冬は買うと高い花ですが、お仏壇に見事に飾れるし素晴らしいです。冬なのに立派な花が咲くのが面白いらしく、本人も育てがいがあると楽しんでいます。

注目の情報

Copyright (C)2018住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは.All rights reserved.