住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは

色によって与える印象というのは大きく変わるようです。

住まいを狭く見せてしまう色使いをしている

住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは 色によって与える印象というのは大きく変わるようです。その人の好きな色から、その人がそんな人柄なのかが分かるとも言われています。住まいの色も、そんな人柄を表すと思います。例えば、ビビッドカラーが多用されている住まいならば、元気の良いひとなのかなと思います。ブルー系ならば落ち着いた感じ、などです。そういった印象以外にも、住まいに使う色によって時には部屋を狭く見せてしまう事もあるようです。人間の脳は、色によって錯覚を起こします。つまり、脳に広い印象を与えられないと部屋が狭く感じてしまうということになります。

たくさん色を使っているほど、統一感のない印象になり部屋が狭く見えてしまうそうです。それならば、ベースカラーは2〜3色に抑えて、アクセントカラーは一色、などと決めておけば良いと思います。例えば、壁と床がオフホワイト、ベージュ、グレーを使用している部屋ならば、そこにアクセントとなる色を一色追加すれば、引き締まった印象になります。自分の部屋では並んでいる本の色にまとまりがなかったので、統一している本を前面に出して、バラバラな色は奥にしまいました。アクセントカラーはカーテンがちょうどブルーだったので、それで引き締めることができたと思います。
Copyright (C)2018住まいに付いた生活のにおいを緩和する方法とは.All rights reserved.